元カメルーン代表の37歳FWエトー、カタールSC移籍決定 「何より私が望むのは…」

かつてバルサのエースとして活躍したエトー、カタールSCへ移籍が決定【写真:Getty Images】
かつてバルサのエースとして活躍したエトー、カタールSCへ移籍が決定【写真:Getty Images】

かつてバルサのエースとして活躍、シャビやスナイデルもプレーするカタールリーグへ

 カタール・スポーツ・クラブ(カタールSC)は13日、バルセロナの元エースストライカーで、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーがフリートランスファーで加入したと発表した。

 バルセロナだけでなく、インテルミラノやチェルシーなどでプレーした37歳のエトーは、昨シーズンまで3年間トルコリーグに在籍。今夏にトルコのコンヤスポルと契約が終了となり、フリーの状態で他クラブへの移籍を模索していた。現役引退も考えられる状況のなか、フランスラジオ局「RFI」のインタビューでエトーはこんな言葉を残していた。

「何より私が望むのはサッカーを続けることだ。私はあと2シーズンプレーし、その後キャリアを終えて新しい人生をスタートさせたい。ゴールを奪う方法は知っている。それは私が人生をかけてやってきたことだし、私がやり続けることなんだ」

 フランスのクラブ移籍も噂されていたエトーだが、最後に契約を結んだのは意外にもカタールだった。ただ、同国リーグにはバルセロナでともにプレーした元スペイン代表MFシャビ、インテルで共闘した元オランダ代表ウェズレイ・スナイデルらが活躍しており、二人の存在も少なからず移籍に影響した可能性がある。

 1998年フランス・ワールドカップにカメルーン代表史上最年少の17歳3カ月で出場したエトー。代表通算118試合出場56ゴールで同国最多ゴール記録を保持する。現役生活の中でUEFAチャンピオンズリーグを3度制覇。また2度のアフリカ・ネーションズカップ優勝、4度のアフリカ・オブ・ザ・イヤーを経験している。欧州で数々のタイトルを手にしてきたストライカーは、カタールの地でどんなパフォーマンスを見せるのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング