「モドリッチの犠牲者にベンゼマ指名」 地元紙がアンケート、レアル“爪弾き要員”は?

レアル・マドリードのMFモドリッチ(左)、FWベンゼマ(右)【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのMFモドリッチ(左)、FWベンゼマ(右)【写真:Getty Images】

モドリッチ先発復帰後にポジションを空けるべき選手、投票率32%でベンゼマが最多

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、ロシア・ワールドカップ(W杯)で決勝まで勝ち進み、休暇がずれ込んだ影響でチーム合流も遅くなったが、11日の親善試合サンティアゴ・ベルナベウ杯・ミラン戦で途中出場を果たした。日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェとのリーグ開幕戦を19日に控えるなか、スペイン紙「マルカ」はモドリッチが先発に戻ってきた際、ポジションを空けるべき選手のアンケートを実施した。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 レアルは今季からフレン・ロペテギ監督が就任した一方、長年にわたり絶対的エースに君臨してきたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスへ移籍したため、新生レアルとして船出を切ることになる。

 モドリッチは新体制の中で重要な存在となるが、W杯後の休暇でチーム合流が遅れ、現在急ピッチで調整を進めている。モドリッチが先発に戻った際、先発布陣から一人爪弾きになる可能性が高いが、同紙はモドリッチにポジションを譲る選手についてアンケートを実施し、13万人による投票が行われた。

 その結果、主戦場が異なるにもかかわらず元フランス代表FWカリム・ベンゼマが32%と圧倒的な投票率となった。続いて21%でスペイン代表MFマルコ・アセンシオ、20%でスペイン代表MFイスコ、17%でブラジル代表MFカゼミーロとなっている。記事では「レアルサポーターは、モドリッチの犠牲者にベンゼマを指名している」と大々的に特集した。

 ベンゼマはこれまで白い巨人(レアルの愛称)のセンターフォワードとして確固たる地位を確立。周囲を生かすプレーが際立つ一方、得点力は世界の名だたるストライカーより見劣りする感が否めず、あくまでチーム最大の得点源だったロナウドのサポート役という側面が濃かった。しかし、そのエースが退団したことで、いよいよベンゼマの存在意義について厳しい目が向けられ始めているのかもしれない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング