元韓国代表の英雄FW、「日本時代のいじめ」を衝撃告白 「パスが来なくて…」

「ゴールを決めたら…」と当時回想 韓国メディア「180度態度が変わった」

 来日前の2000年にKリーグMVPを受賞した同氏は、名実ともに韓国サッカー界で知られる存在となった。記事では「Kリーグ最高のスターは悩み、韓国に帰りたいと思うようになった」と記している。

 もっとも、チェ・ヨンス氏はすぐさま溶け込み、その実力を存分に発揮していく。「人生を学んだ経験だった。ゴールを入れて実力を見せたら、私を認めてくれて親しくなった」と明かしている。

 記事では「若い選手が、チェ・ヨンスの家まで訪ねて洗車したり、180度態度が変わった。日本人選手たちのなかで実力を見せつけ、“ボス”の座に駆け上がったのだ」と指摘。その後の活躍は前述のとおりだが、「Jリーグ時代に121試合75ゴールという怪物のような得点力を見せつけた。Jリーグでも伝説的なストライカーとして認められている」と締めくくられた。

 韓国のレジェンドが語った日本時代の逸話を、母国メディアも驚きをもって伝えている。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング