レアルGKナバス、クルトワ加入で“控え危機”も残留強調「移籍するのは死ぬことと同じ」

クルトワ(右)加入で“控え危機”のナバス(左)だが、レアル残留を強調した【写真:Getty Images】
クルトワ(右)加入で“控え危機”のナバス(左)だが、レアル残留を強調した【写真:Getty Images】

2014年の加入後、守護神としてCL3連覇などに貢献

 レアル・マドリードは現地時間8日、チェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワを6年契約で獲得したと発表した。2014年から守護神の座に君臨してきたコスタリカ代表GKケイラー・ナバスは、クルトワの到来でポジションを失う可能性も出てきたが、「移籍するのは死ぬことと同じ気持ち」と残留を強調している。

 2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)で活躍したナバスは、スペイン1部レバンテから移籍金1000万ユーロ(約13億円)でレアルへ加入した。

 移籍1年目こそ控えとして過ごしたが、元スペイン代表GKイケル・カシージャス退団後はレギュラーに定着し、驚異の反射神経を生かしたセーブでUEFAチャンピオンズリーグ3連覇などに大きく貢献していた。4シーズンで計141試合に出場している。

 そんなナバスが健在のなかで、クラブはロシアW杯の最優秀GKに選ばれたクルトワ獲得を決断した。ナバスは不動のポジションを脅かされることになるが、スペイン地元ラジオ「オンダ・セロ」に対して「はっきりと言うが、移籍するのは死ぬことと同じ気持ちだ」と語り、残留したいという意思を強調した。スペイン紙「マルカ」も「このコスタリカ人は退団を考えていない」と報じている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング