リバプールGKカリウス、“痛恨ミス”以来の本拠地登場もファン歓迎 「君は家族だ」

カリウスが途中出場し、リバプールファンから温かい歓迎を受けた【写真:Getty Images】
カリウスが途中出場し、リバプールファンから温かい歓迎を受けた【写真:Getty Images】

スタンディングオベーションに感動、“LK1”のハッシュタグも復活を果たす

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)に参戦していたリバプールは現地時間7日、本拠地アンフィールドでのフレンドリーマッチでトリノと対戦し、ドイツ人GKロリス・カリウスが途中出場。昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で凡ミスから失点を喫して批判を受けたが、ピッチに立つとリバプールファンから温かい歓迎を受けた。英紙「リバプール・エコー」が伝えている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 自身のSNSで、2016年5月にリバプールへ加入した当初から“#LK1”のハッシュタグを愛用していたカリウス。ところが、クラブ公式サイトで新シーズン用のメンバー写真が公開された6日、カリウスは自身のインスタグラムで同じプロフィール写真を投稿するも、そこに“#LK1”の文字はなく、背番号「1」を失ったのではないかとの噂が立っていた。

 トリノ戦では今オフにGK史上最高額で獲得したブラジル代表GKアリソンが先発したが、後半28分からカリウスが登場。今年5月のCL決勝以来、初めてのホームゲームとなり、ピッチに上がるとスタンディングオベーションで迎えられた。

 カリウスは「こんな歓迎をしてくれて、ありがとうアンフィールド!」との綴り、そのシーンの動画をSNSに投稿し、“#LK1”のハッシュタグも復活。コメント欄には「君は家族だ」「愛してる」「頑張れ」「ナンバーワンになれるよ」などの言葉が届いた。

 クラブはまだ、新シーズンの背番号は正式発表していないが、このハッシュタグが重要なヒントになるのかもしれない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング