新生「森保ジャパン」の第一歩 A代表&U-21代表兼任監督が見据える世界への“青写真”

A代表&U-21代表兼任の森保監督【写真:Getty Images】
A代表&U-21代表兼任の森保監督【写真:Getty Images】

アジア大会はA代表との兼任監督として臨む初の公式戦 今大会の目標は「頂点に立つ」

 U-21日本代表の森保一監督は3日、8月14日に初戦を迎えるアジア競技大会(ジャカルタ開催)のメンバー20人を発表した。A代表との兼任監督として臨む初の公式戦は、2年後の東京五輪はもちろん、4年後のカタール・ワールドカップ(W杯)に続いており、“森保ジャパン”の新たなスタートと言っていい。オーバーエイジ(OA)枠に対する考え方や今後に向けたビジョンについて見解を示した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 アジア大会のメンバー20人には、J1で主力として活躍するMF三好康児(北海道コンサドーレ札幌)やDF板倉滉(ベガルタ仙台)ら常連組に加えて、J2で首位を走る松本山雅FCのFW前田大然や愛媛FCのMF神谷優太を選出。またFC東京のDF岡崎慎とセレッソ大阪のDF舩木翔が初招集となり、リーグ戦開催期間中のため1クラブ1名までという“人数制限”が付いていたこともあって、多彩な顔ぶれとなった。

 今大会の目標として、「1試合でも多く戦い、さらに頂点に立つということを考えてやっていきたい。常々考えているのはベスト4以上に入りたいということです」と強調した森保監督の考えは明白だ。

「世界の大会に参加していくということを考えると、ベスト4以上が世界につながっていく。そういう捉え方を大会ごとに考えている。常に日本代表チームがいろいろなカテゴリーで大会に参加すること、出て行くことを考えていきたいと思っています」

 チーム強化に親善試合やトレーニングはもちろん必要だが、何よりも選手の成長を促せるのは緊迫した舞台で本気の相手と戦うことにある。今回のアジア大会を含め、優勝を目指して目の色を変えて向かってくる相手と戦えるほど価値のあることはない。チームとしては土台作りの最中ではあるが、若い世代の成長のために結果にこだわって上を目指したいところだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング