「学んだことはなかった」 モウリーニョ監督、“不満”のプレシーズンツアーを辛辣総括

マンU率いるジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】
マンU率いるジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

ICC3試合を2勝1敗で終えるも、活躍した選手は既存戦力で把握済み

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間7月31日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のレアル・マドリード戦で2-1と勝利を収め、プレシーズンツアーを終えた。チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、「全く学ぶことはなかった」と総括した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 ユナイテッドは今大会、26日のACミラン戦は1-1でPK戦に突入した末に勝利。続く29日のリバプール戦は1-4で大敗を喫し、最後のレアル・マドリード戦は2-1で勝利と2勝1敗という結果だった。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)出場組の主力不在、休暇、移籍など、様々な不満を口にしていたモウリーニョ監督。ツアー全日程を終え、試合に出場したスペイン代表のMFアンデル・エレーラとMFファン・マタ、チリ代表FWアレクシス・サンチェスなどの選手のことはすでに知っているとし、一言で厳しい総括を行った。

「ツアーから学んだことはなかった」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング