香川に新ライバル!? ドルトムント、中国のベルギー代表MFを移籍金26億円で獲得へ

ドルトムントへの移籍が近づいているヴィツェル【写真:Getty Images】
ドルトムントへの移籍が近づいているヴィツェル【写真:Getty Images】

ロシアW杯で日本とも対戦したヴィツェルが30日にメディカルチェック実施か

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに強力なセンターハーフが加わることになりそうだ。ベルギー公共放送「RTBF」は、中国1部天津権健でプレーするベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルのドイツ移籍に近づいており、現地時間30日にもメディカルチェックを受けると報じた。

 母国ベルギーのスタンダール・リエージュやポルトガルの名門ベンフィカなどで実績積んできたヴィツェルは、2017年1月にロシア1部ゼニト・サンクトペテルブルクから天津権健へ移籍。欧州を離れ、アジアの舞台でプレーしていた。

 先のロシア・ワールドカップにもベルギー代表のレギュラーとして7試合中6試合に出場。同国史上最高位となる3位入りに大きく貢献した。

 そんなアフロヘアーがトレードマークの29歳だが、今夏にヨーロッパ復帰の可能性が出てきた。記事によれば、移籍先はドイツの強豪ドルトムントのようで、現地時間30日にはメディカルチェックを受ける予定。また、移籍金は2000万ユーロ(約26億円)と報じられている。

 ルシアン・ファブレ新監督を迎え、新たなスタートを切るドルトムント。香川らW杯出場組はまだ合流していないが、ここまでは4-1-4-1(4-3-3)システムを軸として戦い、中盤ではドイツ代表MFマリオ・ゲッツェやボルシアMG時代からの教え子MFマフムード・ダフードらが好調をアピールしている。

 負傷離脱中のドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルにはパリ・サンジェルマン移籍の噂も浮上しているが、ヴィツェル加入で再びポジション争いが加熱することは間違いなさそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング