レアルがW杯ブレイクスター獲得に名乗り 73億円のイングランド代表DFに白羽の矢

レアル・マドリードは、イングランド代表DFトリッピアーに白羽の矢を立てた【写真:Getty Images】
レアル・マドリードは、イングランド代表DFトリッピアーに白羽の矢を立てた【写真:Getty Images】

過去にもW杯直後にエジルやハメスを獲得したレアルが、職人トリッピアー獲得か

 レアル・マドリードがトットナムのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの獲得に乗り出しているようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 2015年にトットナムに加入したトリッピアーは、ロシア・ワールドカップ(W杯)では精度の高いキックを武器に、準決勝のクロアチア戦(1-2)で直接FK弾を決めるなどイングランド代表のチャンスメーカーとして28年ぶりのベスト4入りに貢献した。

 レアルは今夏、レアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得しているが、W杯で活躍した選手の獲得を好む傾向があり、ロシア大会で輝きを放ったベルギー代表FWエデン・アザール(チェルシー)とともに、トリッピアーへの関心を強めているようだ。記事によれば、トットナムが設定している違約金額は5000万ポンド(約73億円)だという。

 これまでも、2010年南アフリカW杯でブレイクしたドイツ代表MFメスト・エジル、2014年ドイツW杯でインパクトを与えたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスやW杯制覇の立役者となったドイツ代表MFトニ・クロースらを補強してきた。

 記事では、「マドリードはクリスティアーノ・ロナウドの喪失により、あらゆる面でチームを強化することを厭わない」と説明。絶対的エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに電撃移籍し、トリッピアー獲得の可能性もゼロではなさそうだ。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング