C・ロナウドもレアル退団を後悔? 元伊代表パヌッチが経験談告白「愚かな決断だった」

パヌッチ氏(右)は、C・ロナウド(左)がレアル退団を後悔する時がくるだろうと語っている【写真:Getty Images】
パヌッチ氏(右)は、C・ロナウド(左)がレアル退団を後悔する時がくるだろうと語っている【写真:Getty Images】

1997年から1999年までレアルでプレーしたパヌッチ、かつての自身の退団について言及

 レアル・マドリードで9年間にわたって活躍し、クラブ最多得点記録を更新したのをはじめ、史上初の3連覇を含む4回のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝など数多くのトロフィーを手にしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがイタリア王者のユベントスに移籍した。

 ユベントスで1シーズン40ゴール級の活躍が期待されているロナウドだが、かつてレアルでプレーした元イタリア代表DFクリスティアン・パヌッチ氏(現アルバニア代表監督)は、同選手がレアル退団を後悔する時がくるだろうと語っている。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えた。

 1997年から99年までレアルでプレーしたパヌッチ氏は、3年間でリーグ戦、カップ戦、CL、インターコンチネンタルカップをそれぞれ1回ずつ制した。その後、イタリアのインテルへ移籍したが、同氏は今になってレアル退団を後悔していると明かした。

 パヌッチ氏はスペインのラジオ局「COPE」の取材で、「クリスティアーノはものすごく素晴らしい選手だから、(ユベントスでも)勝つだろう。彼にとっては当たり前のことだよ。だって、世界最高の選手なのだから。彼は非常に賢い契約をした。これで他の素晴らしい選手たちがイタリアに来る後押しになる。彼にはチャンピオンの血が流れている」と述べた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング