「今回のボールはGK泣かせ」 W杯で多発する守護神の痛恨ミスを元日本代表GKが分析

ウルグアイ代表GKムスレラは、フランス戦でグリーズマンのシュートをセーブミスしてしまった【写真:Getty Images】
ウルグアイ代表GKムスレラは、フランス戦でグリーズマンのシュートをセーブミスしてしまった【写真:Getty Images】

J2山口のGKコーチ・土肥洋一氏が“守護神目線”で語る、「ロシアW杯とGKの痛恨ミス」

 6月14日の開幕から熱戦が続くロシア・ワールドカップ(W杯)だが、守護神の信じられないようなミスも今大会を象徴する出来事の一つとなっている。

 スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)は、グループリーグ第1戦のポルトガル戦でクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の真正面に飛んできたシュートをセーブミスし、失点を喫した。また、準々決勝のフランス戦では、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)の真正面のシュートをセーブミスし、決定的な2失点目を献上してしまった。

 名門クラブで活躍する名手が、なぜ真正面のシュートを止められなかったのか――。 2006年ドイツW杯の日本代表で、現在はJ2レノファ山口のGKコーチを務める土肥洋一氏が解説してくれた。

「グリーズマンのブレ球シュートに関して、ムスレラはシュートの瞬間に先にボールの軌道を読んでいた。そこから急にボールが軌道を変えた。そこで、ああいうミスが生まれてしまった。ムスレラほどのレベルのGKなら、弾けないボールではなかった。代表戦で100試合に出ているベテランでも技術的なミスは出る。(2失点目が)入ってしまえば試合が終わる、というプレッシャーもあったと思う」

 土肥氏は現地時間6日に行われたウルグアイ対フランス戦の、後半16分に生まれたグリーズマンの得点シーンについて、このように分析した。日本代表DF長友佑都とトルコ王者で同僚のムスレラは、クラブでも好セーブを連発する名手だが、英メディアからは「W杯史上最大のエラーの一つ」と酷評されるほどの失態となった。

「ボールの正面に入るのがGKとしてはセオリーですが、それ以上にシュートが速かった。そして(ウルグアイの)DFにも問題があった。あのタイミングで、グリーズマンにフリーで打たせてしまったのが敗着だったと思う」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング