ベルギー戦敗北から一夜、本田圭佑が英語で「W杯と夢」に感謝 「僕を育ててくれた」

ベルギー戦敗退から一夜、本田が自身のツイッターに思いを綴った【写真:Getty Images】
ベルギー戦敗退から一夜、本田が自身のツイッターに思いを綴った【写真:Getty Images】

逆転負けでW杯ベスト16敗退 試合後には代表引退をほのめかすも…

 日本代表MF本田圭佑は3日、自身のツイッターを更新。「ありがとう、僕のワールドカップ、そして僕の夢」と自身のサッカーキャリアの原動力となったワールドカップ(W杯)に感謝の思いを綴った。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。MF原口元気、MF乾貴士のゴールで一時2点のリードを奪うも、本気となったFIFAランキング3位の強豪の猛攻に遭い、後半アディショナルタイムに決勝点を奪われ、2-3で敗れた。

 日本史上初のベスト8進出まであと一歩に迫った壮絶な一戦から一夜、本田は自身の公式ツイッターを更新。ベスト16敗退の現実を受け止めての思いを英語で綴った。

「ありがとう、僕のワールドカップ、そして僕の夢。あなたは今日まで僕を育ててくれた」

 W杯開幕2カ月前にバヒド・ハリルホジッチ前監督から西野朗監督に電撃交代。W杯メンバー23人の平均年齢が史上最高齢であることに、世間から疑問を投げかけられることもあった。それでも、本田は今大会スーパーサブとしてチームのために戦い、グループリーグ初戦のコロンビア戦(2-1)ではFW大迫勇也の決勝弾をアシスト。続くセネガル戦(2-2)ではチームを敗戦から救う同点ゴールを決めた。決勝トーナメント1回戦のベルギー戦は後半36分から出場したが、チームを救うことはできなかった。

 試合後には若い世代に身を譲り、代表引退をほのめかす発言をしていたが、改めて自分をここまで突き動かしたワールドカップ、そして夢に感謝を述べた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング