スウェーデンが24年ぶりの準々決勝進出 10番フォルスベリが値千金の決勝ゴール

スウェーデンが24年ぶりの準々決勝進出を果たした【写真:Getty Images】
スウェーデンが24年ぶりの準々決勝進出を果たした【写真:Getty Images】

前半はスコアレスで折り返すも、後半一気にスピードアップ

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のスウェーデン対スイスが現地時間3日に行われ、後半21分に10番を背負うMFエミル・フォルスベリの決勝ゴールが生まれたスウェーデンが準々決勝へ進出した。

 サッカー王国ブラジルの入るE組を2位通過してきたスイスと、前回王者ドイツの入ったF組を首位通過したスウェーデンは、ともに堅い守備をベースとしたチームだけに、我慢比べの様相を呈した。

 スイスはMFジェルダン・シャキリが右サイドでボールを引き出して攻撃の組み立てをする場面が目立ったが、そこから決定機を生み出すまでには至らなかった。一方のスウェーデンは前半28分に左サイドからのクロスをFWマルクス・ベリが左足で引っ掛けるようなボレーシュートを枠に飛ばしたが、スイスGKヤン・ゾマーのファインセーブに遭った。

 互いに相手ペナルティーエリア内を攻略する場面が少ない膠着状態が続き、0-0のまま前半が終了。ベスト8を懸けた争いは後半勝負に持ち込まれた。

 後半に入ると両者が急激に試合のテンポを上げた。スウェーデンは守備ブロックを上げたショートカウンターを狙う一方で、スイスもそのプレスを打開した時には広いスペースを使える状況を手にして、互いに攻撃へのスピード感が出た。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング