「なかなか経験したことない」 宇佐美も衝撃のポーランド戦“終盤”「W杯ならでは」

ポーランド戦の消極的なパス回しについて、宇佐美は「なかなか経験したことのない10分、15分」と衝撃を受けている【写真:AP】
ポーランド戦の消極的なパス回しについて、宇佐美は「なかなか経験したことのない10分、15分」と衝撃を受けている【写真:AP】

ポーランド戦でW杯初先発の宇佐美、終盤のパス回しに賛否も「次につながったのが全て」

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗戦。勝ち点4でセネガルと並んだ日本だが、イエローカード2枚差の「フェアプレーポイント」で上回り、3度目の16強進出を決めた。ポーランド戦の終盤に日本が見せた消極的なパス回しが賛否を呼ぶなか、この試合でW杯初先発を飾ったMF宇佐美貴史も「なかなか経験したことのない10分、15分」と衝撃を受けている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ポーランド戦に引き分け以上で自力のグループリーグ突破が決まるなか、日本は後半14分に失点。そのまま終えると他会場のコロンビア対セネガル戦の結果次第という状況となり、この時点では日本も反撃の意思を見せていた。だが後半29分にコロンビアが先制したという情報が日本ベンチに入ると状況が一変。後半37分、FW武藤嘉紀に代わってMF長谷部誠を投入し、以降の日本はリスクを負って攻めるのを止め、後方でのパス回しに撤した。

「勝ちに行こうという話はもちろんしていたし、前半で1点、2点リードするような結果を出せないといけなかった。後半、0-0でも良しというなかで点を取りに行こうという話でピッチに出て、そこで失点したのは痛かった」

 ポーランド戦をそう振り返った宇佐美だが「次につながったのが全てだと思うし、勝負の世界で決勝トーナメント進出を決めたのは僕らの力」とグループリーグ突破に胸を張った。その一方で会場のファンから大ブーイングを浴びた終盤のパス回しにも言及している。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング