W杯王者ドイツに暗雲 守備の要フンメルスが次戦欠場濃厚「こんな重要な試合を…」

スウェーデン戦を欠場する見込みとなったフンメルス【写真:Getty Images】
スウェーデン戦を欠場する見込みとなったフンメルス【写真:Getty Images】

CBのレギュラー格が首の痛みによる影響で運命のスウェーデン戦欠場の見込み

 王者ドイツに暗雲が立ち込めている。ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦でメキシコに敗れて後がないなかで迎える、現地時間23日のスウェーデン戦では首を痛めた守備の要DFマッツ・フンメルスに欠場の可能性が浮上している。29歳のセンターバックは自身のツイッターを更新し、「これほど重要な試合を見守るだけにはしたくない」と出場への希望を明かした。

 フンメルスは2014年のブラジルW杯優勝に貢献したメンバーの一人で、ロシアW杯で2大会連続出場。DFジェローム・ボアテングとのCBコンビでレギュラーに君臨している。

 メキシコ戦(0-1)では相手の徹底した守備戦術の前に持ち味であるビルドアップでの貢献を封じられたが、攻守両面で力を発揮するフンメルスはドイツにとって欠かせないピースだ。

 しかし、首の痛みに悩まされている影響から現地時間23日に行われるスウェーデン戦はピッチに立てない可能性が高い。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によれば、ドイツのヨアヒム・レーブ監督も「彼はプレーできそうにない」と語っている。バイエルンでフンメルスと同僚のDFニクラス・ズーレが代役に起用されるとの予想されている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング