イングランドのスタメン流出!? 10番スターリングの先発落ちを英メディアが指摘

ホランドコーチのノートに記載されている内容から、次戦はスターリングがスタメン落ちになるのではと指摘されている【写真:Getty Images】
ホランドコーチのノートに記載されている内容から、次戦はスターリングがスタメン落ちになるのではと指摘されている【写真:Getty Images】

ホランドコーチの手元を英メディアが激写してパナマ戦のスタメンを予想

 イングランドはロシア・ワールドカップ(W杯)初戦でチュニジアを2-1で下し、24日の第2戦では初出場のパナマと対戦する。勝利すれば決勝トーナメント進出を大きく手繰り寄せる重要な一戦となるが、英メディアでは流出したスティーブ・ホランド・アシスタントコーチのノートに注目。その内容から、次戦は背番号10のFWラヒーム・スターリングがスタメン落ちになるのではと指摘されている。

「ラヒーム・スターリングはイングランド対パナマ戦でスタメン落ちへ」

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」はこのように見出しを立て、ギャレス・サウスゲイト監督の右腕であるホランドコーチが手にしたメモから次戦のスタメンを予想している。

 イングランドはチュニジア戦で3-5-2システムを採用。前線は2得点を決めたFWハリー・ケインとスターリングの2トップ。中盤にはMFジョーダン・ヘンダーソンをアンカーに据えて、その前にMFデレ・アリ、MFジェシー・リンガード、左右のウイングバックにMFアシュリー・ヤングとDFキーラン・トリッピアーという構成だった。

 そして、メディアが激写したノートに書かれたフォーメーション図では引き続き同じ形の3-5-2システムだが、中盤から前では多少の変更が加えられている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング