イタリア代表監督が語る二大スターの差 「時にメッシはロナウドほど精神面で整っていない」

ポルトガル代表のC・ロナウド(左)、アルゼンチン代表のメッシ(右)【写真:Getty Images】
ポルトガル代表のC・ロナウド(左)、アルゼンチン代表のメッシ(右)【写真:Getty Images】

明暗分かれた二大スターをマンチーニ監督が分析

 イタリアを率いるロベルト・マンチーニ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場しているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの差について言及した。スペインメディア「ティキ・タカ」が報じた。

 マンチーニ監督は、ここまでのベストマッチにグループBの3-3で引き分けた、ポルトガル対スペイン戦を挙げた。そして、2試合連続ゴールで大会4得点としたロナウドと、初戦のアイスランド戦でPKを失敗したメッシの差についてこうコメントしている。

「その話題となれば、我々はどの角度から見ても世界で最高のサッカー選手二人について話すことになる。ロナウドについて言えば、最も優れている部分はメンタル面とフィジカル的な要素の“準備”にある。若い頃から素晴らしい選手だったが、今ほどではなかった。一方でメッシは、まさに超一流の選手として生まれたようなものだ。ただ、時としてメッシは、ロナウドほどメンタル面での準備が整っていないことがある」

 ロナウドは若き日に比べて精神的な成長が顕著であるとした一方で、メッシは若い頃から選手としては超一流だったが、その点で不安定な部分があると指摘した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング