コロンビア主将、ポーランドとのサバイバルマッチに意欲 「修羅場をくぐってきてる」

ファルカオは、ポーランド戦の鍵は中盤にあると語った【写真:Getty Images】
ファルカオは、ポーランド戦の鍵は中盤にあると語った【写真:Getty Images】

ファルカオが“負けられない”ポーランド戦へ、レバンドフスキとグリクを警戒

 コロンビア代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)初戦で日本代表に1-2で敗れ、グループリーグ突破へ負けが許されない状況となった。主将でエースのFWラダメル・ファルカオは、現地時間24日に行われるポーランド戦の鍵は中盤にあると語った。スペイン紙「マルカ」コロンビア版が報じている。

 コロンビアとポーランドは互いに初戦で敗れており、第2戦で負けると、日本対セネガル戦の結果次第ではグループリーグ敗退が決定する。“絶対に負けられない試合”を前に、ファルカオは「どちらかが戦いを続けることができ、どちらかがW杯の舞台から去らなければならない。この試合はどちらにとっても(負けられない)決勝のようなもの」と、必勝を誓った。

 ファルカオが警戒するのは、ポーランドのエースFWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)と、ASモナコのチームメイトでもある守備の要カミル・グリクの二人だ。 グリクは怪我で初戦のセネガル戦を欠場。次戦以降の動向に注目が集まっているだけに、ファルカオも特徴を知り尽くした相手とのマッチアップになるのか気になるようだ。

「まだ試合まで準備できる時間が3日ある。グリクについても(出場するのかどうか)待たなければならない。前線にはいつでも得点できるストライカーがいるし、勝負の鍵となるのは中盤だろう。細かい部分に注意を払わなければいけないし、95分間集中し続けないといけない」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング