アルゼンチンが決定機で痛恨のチャンス逸 一進一退のクロアチア戦は0-0で後半へ

アルゼンチン対クロアチアは0-0で後半へ【写真:Getty Images】
アルゼンチン対クロアチアは0-0で後半へ【写真:Getty Images】

前半29分にアルゼンチンのE・ペレスが決定機を迎えるもシュートは枠外

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦の注目カード、アルゼンチン対クロアチアが現地時間21日に行われ、スコアレスで前半を折り返した。

 アルゼンチンは16日のアイスランド戦でFWリオネル・メッシのPK失敗もあり1-1のドロー。勝利がほしい状況でメッシ、そしてアイスランド戦でゴールを決めたFWセルヒオ・アグエロが先発、MFアンヘル・ディ・マリアがベンチに座る3-5-2の布陣でスタートした。一方、この試合で勝利すれば決勝トーナメント進出を決められるクロアチアもMFルカ・モドリッチ、MFイバン・ラキティッチ、FWマリオ・マンジュキッチら万全の陣容を組んだ。

 キックオフ直後からボールを握ったのはアルゼンチン。しかしクロアチアも前半4分にカウンターからFWイバン・ペリシッチがシュートを放ち、ゴールを脅かす。前半13分にはメッシのパスを起点に右サイドのMFエドゥアルド・サルビオがラストパスを送り、MFマキシミリアーノ・メサがフィニッシュに持ち込んだ。同29分には左サイドの崩しからMFエンソ・ペレスが決定機を迎えたが枠外。先制のチャンスを逃した。

 一進一退の攻防が続いたが、前半はスコアが動かなかった。膠着状態を打開するのは果たしてどのタレントか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング