コンドグビア、インテル移籍決定 ミラノ両雄による争奪戦がついに決着

背番号は「7」に決定

 ライバルACミランとの激しい争奪戦が繰り広げられたASモナコのフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアのインテル加入が正式に決定した。クラブの公式ウェブサイトで発表されている。
 
 インテルの公式ツイッターではコンドグビアが背番号「7」とネームの入ったユニホームを持った写真が公開されている。地元ミラノの宿敵ミランと最後まで獲得を争ったが、最終的にはモナコに対して移籍金3500万ユーロ(約49億円)と、順位などに応じて300万ユーロ(約4億2000万円)の成果ボーナスを支払うという条件を提示したインテルが獲得に成功した。
 
 コンドグビアは同サイトを通じ、「ティフォージの熱気を感じる。一緒に大きなことを成し遂げられたらいいね」と意気込みを明かしている。
 
「偉大なクラブの一員となれることができて、夢がかなったよ。できるだけ長くここにい続けたい。インテルのことはずっとテレビで見ていた。ベストを尽くすよ。
 (ロベルト・)マンチーニ監督とは1週間前に話した。インテルのようなクラブから誘われてノーとは言えないと思うよ」
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング