【歴代W杯初戦の教訓】日韓大会で開いた歴史の扉 ベルギーとの“肉弾戦”で得た勝ち点1の意味

ベルギー戦でチーム1得点目を決めた鈴木【写真:Getty Images】
ベルギー戦でチーム1得点目を決めた鈴木【写真:Getty Images】

2002年日韓大会・グループリーグ第1戦「日本 2-2 ベルギー」

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

1998年フランス大会】【2006年ドイツ大会

 開催国特権で第1シードとなった2002年の日韓ワールドカップ(W杯)は、ベルギー、ロシアとの三つ巴の争いが予想された。最終戦で当たるチュニジアは、アフリカの代表権を獲得した後に、カズ(三浦知良)のジェノア時代の監督スコーリオが辞任。後任のアンリ・ミッシェルもすっかり求心力を失っており、日本がグループリーグを突破するには2戦目まで勝ち点を落とさず、ライバルにアドバンテージを与えないことが重要なテーマになった。

 当然ベルギーにも同じ思惑があり、共通の最優先課題は負けないこと。埼玉スタジアムでの第1戦は、球際に一切の躊躇がない潰し合いが続いた。

 ベルギーが日本のトップ下を務めた中田英寿やポストワークをこなす鈴木隆行に背後からでも激しくチャージすれば、日本も戸田和幸、稲本潤一の両ボランチはもちろん、左アウトサイドでプレーする小野伸二までもが何度も身体を投げ出した。随所にデュエルを繰り返し、縦へのロングフィードを急ぐ展開は、今振り返ればバヒド・ハリルホジッチ前監督の志向に似ていた。

 浮き球が多く肉弾戦の様相を呈した試合で、ベルギーはマルク・ヴィルモッツのオーバーヘッドキックで均衡を破る。ここまで日本には決定機がなかっただけに、重苦しい空気が流れた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング