【歴代W杯初戦の教訓】初出場の日本、“本気”のアルゼンチンと「0-1」 惜敗が生んだ想像以上の消耗

1998年W杯初出場の日本は、優勝候補のアルゼンチンに0-1で惜しくも敗れた【写真:Getty Images】
1998年W杯初出場の日本は、優勝候補のアルゼンチンに0-1で惜しくも敗れた【写真:Getty Images】

1998年フランス大会・グループリーグ第1戦「日本 0-1 アルゼンチン」

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

2002年日韓大会】【2006年ドイツ大会

 ワールドカップ(W杯)初出場の日本代表を指揮する岡田武史監督は「1勝1敗1分でグループリーグ突破」の目標を掲げた。

 代表選手たちは全員がJリーガー。まだ世界の強豪との真剣勝負を体験したことがなかった。最終予選途中まで采配を揮った加茂周監督は、「国内で試合をすれば、ブラジルなど一部を除けば勝てる力をつけていた」と述懐している。

 実際に1996年のキリンカップでは、ドラガン・ストイコビッチ、デヤン・サビチェビッチらスーパースターが顔を並べるユーゴスラビアやメキシコに勝利。しかし肝心の選手たちが「相手は本気じゃない」と感じていた。そういう意味でW杯は、初めて掛け値なしに本気の強豪国と戦える機会であり、選手たちは楽しみと怖さを同時に内包していた。

「1勝1敗1分」は、難易度は高くても達成不可能な数字ではなかった。同じグループには、北中米カリブ海予選を3位で通過し同じく初出場のジャマイカがいたし、タレントが豊富なクロアチアには前年のキリンカップで4-3と競り勝っていた。

 ただし初戦で顔を合わせるのは、優勝候補のアルゼンチンである。初出場の日本が、ここで躓き精神的なショックを受ければ、2戦目以降に立て直すのは難しくなる。必然的にチームスタッフは、アルゼンチン対策に最も力を入れることになった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング