衝撃の美技 米24歳FWの華麗な“ルーレット→股抜き弾”に称賛「不可能なレベル」

アメリカの3部相当ユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)で圧巻の個人技が飛び出した(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
アメリカの3部相当ユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)で圧巻の個人技が飛び出した(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

セントルイスFWカリストリが相手4人を手玉に取る圧巻のテクニックを披露

 アメリカの3部相当ユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)で圧巻の個人技が飛び出した。“マルセイユ・ルーレット”でペナルティーエリア内に侵入すると、GKとの1対1もピンポイントの股抜き弾で攻略。鮮やかすぎるコンビネーションに、「まだ信じられない」「不可能なレベル」と驚きの声が上がっている。

 思わず見とれるスーパープレーが飛び出したのは、現地時間9日のUSLタルサ・ラフネックス対セントルイスFCの一戦だ。

 試合は敵地に乗り込んだセントルイスが、前半17分と後半14分にゴールを挙げ、2点のリードを奪う。2-0で迎えた後半23分だった。

 セントルイスはFWジョーイ・カリストリで左サイドを突破。ペナルティーエリア脇で相手マーカーと並走するなか、右足裏でボールを引き、そのまま反転しながら左足ヒールでスペースに“パス”。自ら拾ってフリーとなると、さらに寄せてきたカバーもかわしてGKとの1対1に持ち込む。ゴール前にはタルサのDFが一枚待ち構え、シュートコースはほとんどなかったが、左足で相手GKの股下を抜いてゴールネットを揺らした。

 一人で相手4人を手玉に取る圧巻の個人技に、セントルイス公式ツイッターは「ジョーイ・カリストリのゴールを見る時は、耐火ゴーグルを着用すべきだ」と称賛とともに動画を公開。コメント欄には「まだ信じられない」「アメージングプレー」「ゴール・オブ・ザ・シーズン」「不可能なレベル」と驚きの声が並んだ。

 24歳のカリストリは、2016-17シーズンに米メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに所属。昨季はタルサに期限付き移籍をしており、古巣に成長した姿を見せつけることに成功した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング