トーレスを巡る“日中争奪戦”が過熱 鳥栖の劣勢になり得る金銭面以外の理由とは?

数多くの移籍先候補が浮上しているフェルナンド・トーレス【写真:Getty Images】
数多くの移籍先候補が浮上しているフェルナンド・トーレス【写真:Getty Images】

スペイン紙が特集、トーレス争奪戦は「中国と日本の一騎打ち」と報道

 今季限りでのアトレチコ・マドリード退団が決定している元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスには、数多くの移籍先候補が浮上している。スペイン紙「マルカ」は、“神の子”の愛称で知られるストライカーの新天地が日本と中国の一騎打ちになったとしているが、その中でも中国が優勢となり得る可能性について、その理由も伝えている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 トーレスはスペイン代表の黄金時代を支えた一員であり、リバプールやチェルシーなど、ビッグクラブで活躍してきたこともあり、世界的にも絶大な人気と知名度を誇っている。

 これまで新天地候補に挙がっていたのはMLSのシカゴ・ファイアー、中国スーパーリーグの北京人和、そしてJ1リーグのサガン鳥栖の3クラブだ。しかし選択肢は事実上、二つに絞られているという。

「シカゴ・ファイアーは確かにリストにはあるが、MLSの経済制限が厳しいため大幅な劣勢は避けられない。よって、中国と日本がトーレスを引き継ぐ有力な候補だ」

 記事ではこう報じており、トーレス獲得に投資する経済力を踏まえると、北京人和と鳥栖の一騎打ちになると見ている。一方で、北京人和が鳥栖に対し、金銭面以外におけるアドバンテージを有していることも指摘している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング