名将ベンゲル、アーセナル“過渡期”にレアルからオファーと告白 「常に誘惑があった」

長期間にわたってアーセナルを率い続けたベンゲル監督、その期間中にはレアル・マドリードからの誘いがあったようだ【写真:Getty Images】
長期間にわたってアーセナルを率い続けたベンゲル監督、その期間中にはレアル・マドリードからの誘いがあったようだ【写真:Getty Images】

22年間にわたってアーセナルを指揮、その間に“銀河系軍団”がベンゲル監督に誘い

 今シーズン限りでアーセナルを去ったアーセン・ベンゲル前監督。22年間もの長期間にわたってロンドンの首都クラブを率い続けたが、その期間中には“銀河系軍団”ことレアル・マドリードからの誘いがあったようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ベンゲル監督は90年代後半から率いたアーセナルで魅惑的な攻撃サッカーを披露。FWデニス・ベルカンプ、FWティエリ・アンリ、MFパトリック・ビエイラらを擁して2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた。

 またその後もMFセスク・ファブレガス、MFアーロン・ラムジーなど有望な若手を積極登用。ここ数年はリーグタイトルに届かず批判に晒されることもあったが、退団決定後に労いの言葉がかけられるなど、その手腕は誰もが認めるところだった。

 その敏腕のベンゲル監督に対して、興味を示していたのがレアルだという。ベンゲル氏はこのように話している。

「私は新たなスタジアム(エミレーツスタジアム)ができた際、5年間はアーセナルに残りたいと思っていたんだ」

 かつての本拠地ハイベリーからエミレーツスタジアムに本拠地移転したのは2006年のこと。アーセナルは過渡期を迎えつつあり、ベンゲル監督が育成重視に切り替えつつあった時期だ。しかしそのタイミングでレアルから誘いがあったのだという。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング