米選出「W杯ブレイク候補生10人」 日本の対戦国FWも選出、アジア勢唯一は…

韓国代表FWソン・フンミンは、アジア勢唯一のリスト入り【写真:Getty Images】
韓国代表FWソン・フンミンは、アジア勢唯一のリスト入り【写真:Getty Images】

ロシアW杯で飛躍を遂げるのは誰か? 韓国代表FWソン・フンミンもリスト入り

 世界各国でロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたメンバーが発表されるなか、米スポーツテレビ局「CBSスポーツ」は今夏のW杯における「ブレイク候補生10人」を選出。日本代表と対戦するセネガル代表のエースストライカーのFWサディオ・マネや、アジア勢では唯一となる韓国代表FWソン・フンミンなどが名を連ねた。

 14年のブラジル大会でコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(バイエルン)が大ブレイクを果たしたように、これまでも数々の若手や無名選手がW杯を経て飛躍を遂げた。そして、間近に迫っている18年のロシアW杯でも、今後数年間トップレベルで活躍し続けるような選手が見つかることは間違いない。今回の企画では、そんな“ブレイク候補者10人”が紹介されている。

 まず注目したいのは、唯一アジア勢から名前が挙げられた韓国代表FWソン・フンミンだ。才能豊かな韓国人アタッカーは、現在プレミアリーグのトットナムでプレー。韓国代表でも21歳の時にブラジルW杯でプレーすると、アルジェリア戦でゴールを決め、才能の片鱗を見せつけた。今回のロシアW杯ではドイツ、メキシコ、スウェーデンと同組に入り、グループステージ突破は簡単ではない。しかし、もしこのグループを突破できたならば、それはソン・フンミンが違いを生むことができた証拠となるだろう。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング