香川真司、“18歳Jリーグ初ゴール”に再脚光「ここから“日本の10番”が花を咲かす」

香川の“18歳Jリーグ初ゴール”が再び脚光を浴びている【写真:Getty Images】
香川の“18歳Jリーグ初ゴール”が再び脚光を浴びている【写真:Getty Images】

クルピ監督に見出された香川が水戸戦で“初ゴール” Jリーグも称賛「繊細なタッチ」

 ドルトムントのMF香川真司は、12日のブンデスリーガ最終戦の第34節ホッフェンハイム戦で復帰の可能性が高まっている。そんななか、Jリーグ公式ツイッターでは「PLAY BACK Jリーグ初ゴール」企画として、香川のJリーグ初ゴール動画を公開。「繊細なタッチは既に健在!」と称えている。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 Jリーグ公式ツイッターでは、これまでも名手の懐かしいプレー動画を公開してきたが、今回投稿したのは戦線復帰に向けて注目を集める香川の“Jリーグ初ゴール”だった。

 セレッソ大阪に加入して2年目の2007年はJ2リーグで戦うなか、レヴィー・クルピ監督(現ガンバ大阪監督)に見出された香川は、4月7日の第7節サガン鳥栖戦でJリーグデビュー。そして5月23日の第17節水戸ホーリーホック戦で早くも才能の片鱗を見せつけた。

 左サイドでスローインのチャンスを得たC大阪。中央へボールを供給し、競り合いのなかでこぼれ球を拾ったのが当時18歳の香川だ。トップスピードでゴール前に入り込むと、正確なコントロールでボールを収めて左足を一閃。豪快に振り抜いてJリーグ初ゴールをマークした。クルピ監督も満面も笑みでスタッフと握手し、香川はコーナフラッグ付近に倒れ込んで仲間からの手荒い祝福を受けた。

 Jリーグ公式ツイッターでは「繊細なタッチは既に健在! ここから“日本の10番”が花を咲かす」と絶賛している。その後、2010年にドルトムントへ移籍して大ブレークを遂げた香川は、日本代表の10番を背負うなど日本を代表するプレーヤーの一人となったが、当時からその片鱗を見せていた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング