日本勢唯一の“ACL16強”鹿島、鈴木の一撃で上海に先制! オスカルも封じ1-0で後半へ

鈴木の先制弾で1-0で後半へ【写真:Getty Images】
鈴木の先制弾で1-0で後半へ【写真:Getty Images】

Jリーグ勢で唯一の生き残り、セットプレーから鈴木が先制ゴール

 鹿島アントラーズは9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、上海上港との第1戦に臨み、前半終了間際にFW鈴木優磨の先制ゴールで1-0と前半を折り返した。

【PR】J.ZONEにおけるPKの逸話をご存知ですか?答えはDAZN登録後に!

 鹿島は今季J1リーグ序盤戦で不振が続いたものの、ACLグループステージは2位通過。そしてゴールデンウィーク中には第12節V・ファーレン長崎戦に2-1、第13節の浦和レッズ戦に1-0と連勝し、流れに乗りつつある。チームを率いる大岩剛監督はセンターバックにDF植田直通とDF昌子源、2トップの一角にFW金崎夢生と日本代表候補を並べた。

 キックオフ直後の前半2分にCKの流れから、右サイドから上げたMF遠藤康のクロスが風に乗り、ゴール左隅を強襲する。相手GKらが目で追うしかなかったボールはポストに当たり、早々のゴールとはならなかった。ただ上海も抜け目なく、同7分にはミスからMFオスカルにフィニッシュまで持ち込まれる。その2分後にはカウンターからゴール前でフリーになったオスカルにシュートを許す大ピンチに陥ったが、GKクォン・スンテのスーパーセーブで事なきを得た。

 それでも鹿島は同11分にMF永木亮太が際どいミドルシュートを放つなど、ボールを保持し続ける。特に右サイドを起点とした攻撃には迫力を感じさせた。すると前半43分、均衡を破ったのはセットプレーだった。永木からの右CKで昌子に当たったボールがゴール方向へと飛ぶ。それを相手GKに弾き出されたが、しっかりと詰めた鈴木が待望の先制ゴールをゲットした。

 中国の雄・上海相手の貴重な先制点。鹿島は後半もアウェーゴールを与えずに追加点を奪う試合巧者ぶりを見せられるか。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング