“闘犬”の本領発揮 ガットゥーゾ監督、19歳逸材のYouTube投稿に喝「歯を打ち砕く」

“闘犬”ガットゥーゾ監督(左)は、若手FWマストゥールの行動に喝を入れたようだ【写真:Getty Images】
“闘犬”ガットゥーゾ監督(左)は、若手FWマストゥールの行動に喝を入れたようだ【写真:Getty Images】

自身のスキルを誇示する動画を投稿していたモロッコ代表FWマストゥールと“個人面談”

 ACミランは現地時間9日、ユベントスとのコッパ・イタリア決勝に挑む。チームを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、ある若手の行動に喝を入れたようだ。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【PR】セリエAもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!

 “闘犬”の逆鱗に触れたのは、19歳のモロッコ代表FWハキム・マストゥールだ。15歳の若さでフィリッポ・インザーギ氏が監督を務めていたプリマベーラ(U-19)でプレーし、2014年にプロ契約を締結。翌15年にスペイン1部のマラガ、16年にはオランダ1部のズヴォーレにレンタル移籍していた。

 そんな若きスター候補は、YouTubeに自身の能力とスキルを自慢する動画を頻繁にアップロードしていた。過去にはブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)がフリースタイルのビデオを作ったように、マストゥールの動画も各方面から称賛されているが、現役時代に”闘犬”の異名を取ったガットゥーゾ監督は“個人面談”を実施。これ以上、動画が投稿されることはないと主張している。

 記事では、イタリアメディア「フットボール・イタリア」に語ったガットゥーゾ監督の言葉を引用する形で紹介している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング