クロップと“右腕コーチ”が衝突? 「個人的な理由」で一時離脱と英メディア続報

ブヴァッチ氏とクロップ監督との間に亀裂が走ったのかもしれない【写真:Getty Images】
ブヴァッチ氏とクロップ監督との間に亀裂が走ったのかもしれない【写真:Getty Images】

CL準決勝ローマ戦を前にリバプールに激震、ブヴァッチ氏と指揮官が対立と報道

 リバプールでユルゲン・クロップ監督のアシスタントコーチを務める“頭脳”ジェリコ・ブヴァッチ氏が、現地時間2日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のローマ戦を控える重要な時期に、チームから離れることが決まった。17年間連れ添ったクロップ監督との仲違いと言われていたが、英公共放送「BBC」は「プライベートな理由」で一時的にクラブを離れると報じている。

 ブヴァッチ氏は“頭脳”とも呼ばれ、2001年のマインツ時代から右腕としてクロップ監督を支えてきた。ドルトムント、そしてこのリバプールでも関係は続いている。

 しかし、30日付の英紙「ミラー」は、「リバプールのNo2、ジェリコ・ブヴァッチはチャンピオンズリーグのローマ戦を前にユルゲン・クロップとの言い争いによってアンフィールドを去る」とショッキングなニュースを報じた。17年間共闘を続けてきた二人の関係に亀裂が走ったという。

 だが、この一件について英公共放送「BBC」は続報を伝えている。ブヴァッチ氏は「個人的な理由」でシーズン終了までクラブを離れると伝えられており、クラブから退団するという事実はないという。

 リバプールは両者の問題についてあくまでプライベートな問題であり、ブヴァッチ氏のポジションに影響はないとされている。とはいえ、ローマとの大一番を前にクロップ監督は右腕を失うことになる。決勝進出が懸かる大一番に、どのような影響を及ぼすだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング