インテルがチェルシー移籍わずか5カ月のクアドラードを獲得へ

完全移籍を要求するチェルシー

 インテル・ミラノがチェルシーのMFフアン・クアドラード獲得に乗り出していると、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じた。
 クアドラードは、今年1月、フィオレンティーナから2610万ポンド(約47億円)でチェルシーへと移籍した。しかし、加入当初から適応に苦しみ、途中交代を含め、リーグ戦出場12試合でノーゴール・ノーアシストと、インパクトを残すことに失敗している。
 ジョゼ・モウリーニョ監督も、クアドラードの能力に懐疑的な見方をしている。同ポジションに新たな人材を補強する意向にあると伝えられている
 その状況を受け、インテルが クアドラードの獲得に乗り出しているという。セリエAで実績を残したコロンビア人アタッカーを補強リストの最上位に置いているようだ。
 しかし、両者の要求には、ズレが生じているもようだ。インテルは1年間のローン契約を目指しているのに対し、チェルシーは完全移籍での獲得を要求していると伝えられている。
 インテルは、完全移籍で獲得する場合、チェルシーが支払った47億円に近い金額を用意しなければいけないとされている。だが、その資金を調達した場合は、クアドラードの半年を満たない期間でセリエAに復帰する可能性が一気に高まることになりそうだ。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング