ハメスは「天使か悪魔か」 レアル“機関紙”、本拠地バイエルン戦へ“前任10番”を警戒

今季からバイエルンに期限付き移籍中のハメス【写真:Getty Images】
今季からバイエルンに期限付き移籍中のハメス【写真:Getty Images】

CL準決勝第2戦へスペイン紙が特集 バイエルンに期限付き移籍中のレフティーに注目

 レアル・マドリードは現地時間5月1日に、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝バイエルンとの第2戦を本拠地で迎える。敵地での第1戦で2-1の勝利を収めた“白い巨人”だが、レアル・マドリードの“機関紙”は期限付き移籍中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに対し、「ゴールを喜びすぎるとファンの愛情を失う」と警告を発している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

「ハメス・ロドリゲス、ベルナベウの天使か悪魔か」と特集したのは、スペイン紙「マルカ」だ。

 昨季までレアルの「背番号10」を託されたハメスは、今季からバイエルンに期限付き移籍。レフティーは第1戦でも、ドイツ代表DFジョシュア・キミッヒに完璧なスルーパスを通して先制点をアシスト。レアルにとって大きな脅威となっていた。

「サンチャゴ・ベルナベウの観衆が彼の存在を歓迎するのか、いまだ不明だ。彼は天使となるのか。悪魔となるのか。称賛を受けるのか、それとも罵声を受けるのか」

 記事では3年間で様々なタイトル獲得に貢献しながらも、ジネディーヌ・ジダン監督から重宝されなかった背番号10について、こう報じている。

 ハメスは昨年5月14日のセビージャ戦との本拠地最終戦に先発し、後半に交代を告げられベンチに下がる際にレアルサポーターから万雷の拍手を受けた。同紙はレアルOBに対してサポーターが感謝の気持ちを表明する傾向にあることを紹介する一方で、レフティーに対して警告を発している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング