デ・ブライネ、チェルシー復帰を否定「モウリーニョがいる限りは…」

マンチェスター・シティ、バイエルンら強豪も獲得に興味の逸材

 今夏の移籍が噂されるヴォルフスブルクのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが、かつての古巣チェルシー復帰について否定した。その原因はどうやら指揮官の問題が関係しているようだ。
 デ・ブライネは2012年にチェルシーに加入後、ドイツ名門ブレーメンへ期限付きで加入。そこで33試合出場10得点とインパクトを残し、翌シーズンには満を持してチェルシーへ復帰を果たす。しかし、同時にジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を取ることとなったチェルシーに居場所はなく、ヴォルフスブルクへの移籍を決意した。
「正直に話す。彼(モウリーニョ)がチェルシーの監督である限り、チェルシーには戻らないと思う」
 23歳のベルギー代表はドイツ地元紙「ビルト」にこう語ったという。ヴォルフスブルクでの2季目を迎えた今季、デ・ブライネは34試合で10得点20アシスト。チーム総得点(72)のおよそ4割に関与するなど、絶大な存在感を見せつけた。
 デ・ブライネ本人も「ブンデスリーガでのプレーが好きだ。僕に合っている」と話しており、ドイツでのフットボールライフを満喫している様子だ。
 マンチェスター・シティ、バイエルン・ミュンヘンなどビッグクラブへの移籍が噂されるデ・ブライネ。イングランド復帰やその他ドイツ、スペインなどへの移籍も、その可能性について否定しておらず、その去就には注目が集まりそうだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング