レアルDFマルセロの“魔法トラップ”が話題沸騰 「ベストタッチ」「もはやゲーム」

レアルDFマルセロの“魔法トラップ”が話題沸騰【写真:Getty Images】
レアルDFマルセロの“魔法トラップ”が話題沸騰【写真:Getty Images】

大きなサイドチェンジを寸分の狂いなく左足裏でコントロールして収める神業を披露

 レアル・マドリードは現地時間25日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝でバイエルンと対戦。敵地で先制を許すも、2-1と逆転して第1戦をモノにした。この試合、前半44分に同点弾を決めたブラジル代表DFマルセロの鮮やかすぎるトラップが、「もはやゲームの世界」「フットボール界のベストタッチ」と話題を呼んでいる。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 レアルは前半28分、バイエルンのドイツ代表DFジョシュア・キミッヒに先制ゴールを許した。しかし、レアルもすぐに反撃。前半のうちに元オランダ代表MFアリエン・ロッベンとドイツ代表DFジェローム・ボアテングが負傷交代というアクシデントに見舞われたバイエルン陣内に攻め込み、前半終了間際の44分にマルセロが右からの折り返しをダイレクトボレーでゴール右隅に突き刺して同点とした。

 さらに、後半12分には相手のミスをさらってカウンターを仕掛けると、スペイン代表FWルーカス・バスケスのパスからスペイン代表MFマルコ・アセンシオが左足でゴールネットを揺らして逆転に成功した。

 しかし、衛星放送「BTスポーツ」公式ツイッターがスポットを当てたのは、ゴールシーンではなく、マルセロのトラップだった。2-1とリードを奪った直後の後半15分、右サイドからのロングボールを左足で完璧にトラップ。落下点を見極め、ボールを弾ませることなく左足裏でピタリと足もとに収めてみせた。マルセロはその後何事もなかったかのようにプレーを続行したが、足に吸い付くようなボールコントロールに投稿の返信欄には驚きの声が並んだ。

「フットボール界のベストタッチ」
「ボールコントロール:100点」
「なんて美しいトラップ」
「あんなコントロール、俺もやってみたい」
「マスタークラス」
「もはやゲームの世界」

 サイドバックながら、同胞のブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)らに匹敵するほどのテクニックを誇るマルセロ。彼の美技レパートリーのなかに、今回の“魔法トラップ”も加わることになりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング