Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

各国代表大会  |  日本代表

2017.11.13 (Mon)

ブラジル人記者が見た日本のポテンシャル 「もったいない試合だった」と語る理由は?


現地で取材したロゼッチ記者を直撃 「日本は攻撃面に関してとても興味深いチーム」

 

 ブラジル代表は10日にフランスのリールで行われた日本代表との国際親善試合で、3-1と完勝を収めた。日頃から王国ブラジルの戦いを目の当たりにしている識者には、ハリルジャパンはどのように映ったのか。この一戦を現地取材したブラジルの情報サイト「Globo.com」でサッカー番を務めるアレシャンドレ・ロゼッチ記者を直撃した。

 

 ロゼッチ記者は、日本のファーストインプレッションについて次のように語る。

 

「日本代表は攻撃面に関して、とても興味深いチームだ。スピードのある、魅力的な選手たちがいたし、チーム全体でスピーディーなプレーができる。対戦相手のエリアでパス回しもできる。攻撃でブラジルにプレッシャーをかけることができた」

 

 スピードを生かした攻撃のポテンシャルを評価する一方で、敗因についても冷静に分析する。

 

「日本はその長所を生かして、ボールを前に運ぶようにオーガナイズすれば良かったんだけど、それができなかったんだ。それで、プレッシャーをかけながらも、ブラジルの守備を危険にさらすところまではいかなかった。かたやブラジルは、日本がそうやって攻撃でプレッシャーをかけようとしてきた時に、露呈した守備の弱さを非常によく生かしたんだ」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト