パチューカ本田、無念のスコアレスドローも海外紙は“2つ星”評価「最も戦っていた」

チームはドローだったが、本田自身は、「最も戦っていた」と評価された【写真:Getty Images】
チームはドローだったが、本田自身は、「最も戦っていた」と評価された【写真:Getty Images】

ケレタロ戦は積極的にシュートを放つもゴールを割れず 引き分けで勝ち点1止まり

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間21日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第16節ケレタロ戦(0-0)に先発フル出場。チャンスに絡むもゴールを奪えなかったが、海外メディアでは「トゥソスのために最も戦っていた」「危険なプレーで攻め込んだ」と評価されている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 高い気温と湿度のなかで始まったケレタロ戦のパチューカは、チーム全体の動きが鈍くなかなか攻撃が活性化せず、24分過ぎにはウォーターブレイクも設けられた。本田はFKのキッカーを担当し、前半34分には敵陣内深くからのFKで決定機を演出。同42分には敵陣エリア内のこぼれ球に反応した本田が左足を振り抜くも、シュートは枠を大きく外れてしまい、舌を出して悔しそうな素振りを見せた。後半37分に右サイドから切れ込んだ本田が鋭いシュートを放つもGKに惜しくも防がれている。

 2戦連発中だった本田だが、3試合連続ゴールとはならず。スコアレスドローに終わったチームは、勝ち点1を獲得して8位(暫定)をキープし、依然として優勝プレーオフ圏内に位置している。

 スペイン紙「AS」メキシコ版は、「ケイスケ・ホンダはトゥソス(パチューカの愛称)のために最も戦っていた選手の一人だった」と奮闘した背番号02を評価。「ホンダはゴールのために危険なプレーで攻め込んだ」と記している。同紙英国版の選手採点では、ともに無失点だった両軍GK(アルフォンソ・ブランコ、チアゴ・ヴォルピ)に次ぎ、2つ星(3つ星満点)と及第点以上の評価を得た。

 28日はリーグ最終節でアトラスと対戦。優勝プレーオフへの切符を獲得すべく、本田にはチームを勝利に導く活躍が求められる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング