「いきなり変えれば壊れる」 オリヴェイラ新監督、“3バック継続宣言”の真意は?

オリヴェイラ新監督はシーズン途中、それも15連戦の最中での就任について「理想的なタイミングではない」と言及【写真:Football ZONE web】
オリヴェイラ新監督はシーズン途中、それも15連戦の最中での就任について「理想的なタイミングではない」と言及【写真:Football ZONE web】

15連戦の最中で「理想的なタイミング」ではなく、システムの大幅変更は回避の意向

 J1浦和レッズは22日、オズワルド・オリヴェイラ氏の監督就任記者会見を行った。新指揮官は、「まずは3バックを継続したい」と戦術的なビジョンについて語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 オリヴェイラ新監督はシーズン途中、それも15連戦の最中での就任について「理想的なタイミングではない」と言及。システム構成も大きくは変更しないことを明かした。

「2007年の鹿島アントラーズ時代から4バックを使ってきた。それが好みであることは隠さないが、好みではなく、どの形が良いかの感覚を大事にしたい。いきなりその形に持っていこうとすれば、選手は理解ができない。まずは3バックを継続したい。いきなり変えれば、壊れる。まずは継続性を持たせたい。細かい指示は出すが、大枠は変えない。必要と判断すれば、その時に変わるかもしれない」

 オリヴェイラ監督は、20日間指揮を執った大槻毅暫定監督のチームでリーグ戦3勝1分の成績を残した3バックシステムを継続する意向。その上で、今季はワールドカップによる中断期間があるため、その間に本格的な戦術の落とし込みを行うと示唆している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング