R・マドリードがウルグアイから16歳の超新星を獲得

2016年夏に加入

 レアル・マドリードがU-17ウルグアイ代表の超新星MFフェデリコ・バルベルデを獲得したと、スペイン地元紙「アス」が報じている。
 報道によれば、R・マドリードはバルベルデの所属するウルグアイの名門ペニャロールに対して移籍金500万ユーロを支払うとされている。先週にマドリード入りした同選手は、すでにメディカルチェックを済ませ、チャンピオンズリーグの準決勝ユベントス戦も観戦に訪れていたという。
 16歳のバルベルデは将来を期待された攻撃的MFで、右サイドでのプレーを得意としているという。18歳を迎える2016年の夏にチームに加入する予定だ。
 R・マドリードは近年 もウェールズ代表FWギャレス・ベイル、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらスター選手をかき集めている。しかし、その一方、昨夏には16歳の神童、ノルウェー代表FWマルティン・エデゴーを獲得するなど、若手の逸材発掘にも力を入れている。
 そのエデゴーも、今季のリーガ最終節ヘタフェ戦でトップデビューを果たし、着実にステップを踏んでいる。銀河系軍団から新たなスター誕生が期待される。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング