本田圭佑が“弾丸ショット”で今季10点目 メキシコメディアも称賛「凄まじいゴラッソ」

本田圭佑は、“弾丸ショット”で今季10点目を決めた【写真:Getty Images】
本田圭佑は、“弾丸ショット”で今季10点目を決めた【写真:Getty Images】

サントス・ラグーナ戦で1得点1アシスト、左足で2戦連続弾を叩き込む

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間14日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第15節サントス・ラグーナ戦に先発出場。前半24分に右サイドからカットインしてからの左足の一撃で、2試合連続ゴールを奪った。現地メディアでは「凄まじいゴラッソ」と速報された。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 パチューカが序盤からリズム良く攻撃を仕掛けるなか、前半24分に本田が右サイドのペナルティーエリア手前でフリーとなり縦パスを受ける。中に切れ込む得意の形から左足を振り抜くと、豪快な一撃がゴール左隅に吸い込まれた。これで本田は2試合連続ゴールとなり、今季リーグ戦で通算10ゴール目。公式戦通算でも13ゴールとなり、自身が今季の目標とする「15」にまた一歩近づいた。

 この左足ミドルについてメキシコメディア「スーペル・リデル」は「ケイスケ・ホンダがサントス戦で凄まじいゴラッソ」との見出しで速報記事を公開。背番号「02」のレフティーは、2試合連続となる一撃で強烈なインパクトを残している。

 さらに本田は同30分、センターサークル内でボールを受けると、2タッチ目で相手最終ラインの間を通す圧巻の40mスルーパス。左サイドを駆け上がったDFエリック・アギーレが流し込み、2-0とした。

 試合はその後、両チームが1点を取り合い3-1でパチューカが勝利。これで2連勝となり、暫定ながらプレーオフ出場圏内の8位に浮上した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング