元英代表DFロドリゲス、差別問題の事実は実証されず 元同僚の吉田も証人の一人に

元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲスは、人種差別的発言をしたとして、イングランドサッカー協会(FA)から調査を受けていた【写真:Getty Images】
元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲスは、人種差別的発言をしたとして、イングランドサッカー協会(FA)から調査を受けていた【写真:Getty Images】

今年1月にDFボングに対して人種差別的、侮辱的言動があった疑いで調査を受ける

 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)の元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲスは、今年1月のブライトン戦でカメルーン代表DFガエタン・ボングに対して人種差別的発言をしたとして、イングランドサッカー協会(FA)から調査を受けていた。この一件で、ロドリゲスの元同僚である日本代表DF吉田麻也も証人の一人になっているという。英公共放送「BBC」などが報じた。

【PR】海外サッカーもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!

 ボングはロドリゲスから「お前は黒人で臭い」と暴言を吐かれた上に、鼻をつまんで追い払うようなジェスチャーをされたと主張。人種差別的、かつ侮辱的言動があった疑いがあるとしてFAは調査を進めていた。

 これに対し、ロドリゲスはボングからの主張は事実に反すると否定していた。FAの調査では読唇術の専門家を招いて検証を行ったが、ボングの主張するような発言があったことは確認できず。この件は立証できなかったとFAが発表した。

 公聴会では、ロドリゲスの性格証拠として元同僚など11選手から声明とレターが提出された。そこにはサウサンプトン時代の同僚だった吉田や、現トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、アイルランド代表FWシェーン・ロング、イングランド代表MFアダム・ララーナらの名前が含まれていたという。

 被害を主張していたボングは「とても残念。僕がフィールド上で(ロドリゲスの発言を)聞いたことは確かなこと」だと語り、FAの発表に肩を落とした。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

トレンド

ランキング