なでしこJ、豪州の猛攻をしのぎ0-0のまま後半へ 勝てば女子W杯出場決定

なでしこJ、豪州の猛攻をしのぎ0-0のまま後半へ【写真:Getty Images】
なでしこJ、豪州の猛攻をしのぎ0-0のまま後半へ【写真:Getty Images】

相手の高さを生かした攻撃に苦戦も無失点で折り返す

 来年の女子ワールドカップ出場権をかけたAFC女子アジアカップ、グループリーグ最終戦でなでしこジャパン(日本女子代表)はオーストラリアとの前半を苦しい展開の末に0-0で終えた。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 高倉麻子監督はMF宇津木瑠美を大会初スタメンでピッチに送り込み、中盤に高さと強度を求めた。しかし、試合は立ち上がりからオーストラリアにゴール前を脅かされる時間が続いた。右サイドからのスローインも含め、長身選手を生かした攻撃を繰り出すオーストラリアを相手に日本は苦戦。最終ラインの選手たちがギリギリのところで体を張る場面が続いた。

 ボールを奪ってからの日本は全く効果的な攻撃ができず、ゴール前に進出したシーンはほんの数回のみ。それも決定機にはつながらず、オーストラリアのゴールにプレッシャーをかけることは全くできなかった。

 なんとか失点こそせずに前半を終えて0-0でハーフタイムに突入したものの、日本がゴールを予感させる場面はあまりにも少なかった。後半、日本はどのような打開策を見せることができるだろうか。

 他会場では韓国がベトナムを相手に2-0でリードして前半を終えた。日本は勝利するか、1-1以上の引き分けで2位以内が決まる。仮に日本とオーストラリアがこのまま0-0で引き分けた場合、韓国が3点差以内の勝利なら日本が2位、4-0で勝利の場合はリーグ3試合でのイエローカードやレッドカードの枚数が少ない方が2位、1失点以上しての4点差勝利か5点差以上の勝利の場合、韓国が2位になる。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング