リバプールのクロップ監督、去就問題に揺れるサラーの引き留めに自信「心配してない」

クロップ監督、去就問題に揺れるサラーの引き留めに自信【写真:Getty Images】
クロップ監督、去就問題に揺れるサラーの引き留めに自信【写真:Getty Images】

CLシティ戦で強豪を2-1で撃破 あと1点でシーズン40得点にと謳う

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、去就が注目されるエジプト代表FWモハメド・サラーに対して流出の心配は全くしていないようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 現地時間10日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝マンチェスター・シティとの第2戦に臨んだリバプールは、開始2分に先制点を奪われたものの、後半11分にサラーが同点弾を奪取。その後、同32分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがゴールネットを揺らし、2-1で逆転勝利を収めて2戦合計スコア5-1で4強進出を決めた。

 その試合で同点ゴールを奪ったサラーは、今季ここまで公式戦39ゴールを奪っており、週末に行われるプレミアリーグ第34節ボーンマス戦でゴールを決めれば1987年の元アイルランド代表FWイアン・ラッシュ以来となるシーズン40得点に到達する。

 サラーは昨夏に週給9万ポンド(約1380万円)の4年契約を締結し、現在はクラブとの条件を見直している段階。クリスマス以降、レアル・マドリードなど他クラブからの関心が伝えられているなか、リバプールは入札を歓迎しないことを明かしていた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング