“元JリーグMVP”のL・ドミンゲスが圧巻スキル! バー直撃25mミドル弾で今季2点目

MFレアンドロ・ドミンゲス【写真:Getty Images】
MFレアンドロ・ドミンゲス【写真:Getty Images】

J2第8節の本拠地福岡戦、前半12分に強烈な一撃で先制ゴール

 横浜FCは8日、J2リーグ第8節の本拠地アビスパ福岡戦で2-2のドローに終わった。この試合で鮮やかなミドルシュートを叩き込んだのは、2011年にJリーグMVPに輝いた横浜FCのMFレアンドロ・ドミンゲス。34歳となった今も華麗なテクニックを見せつけている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合の均衡を破ったのはL・ドミンゲスだ。初先発となった第5節モンテディオ山形戦で今季初ゴールをマークしたブラジル人アタッカーは、その試合から4試合連続でスタメンに名前を連ねると、福岡戦の前半12分に強烈なインパクトを放つ。

 福岡のペナルティーエリア手前でこぼれ球に反応。頭でトラップすると、ゴールまで約25メートルの位置から右足を振り抜いて豪快な一撃を放つ。見事にコントロールされたシュートはゴールバーに当たりながらネットに吸い込まれた。自身今季2ゴール目を叩き込んだL・ドミンゲスは、渾身のガッツポーズを披露している。

 柏レイソルに所属した2011年にJ1リーグ優勝に貢献し、JリーグMVPを受賞した男の一撃は、横浜FC通算800ゴール目のメモリアル弾となった。試合はその後に撃ち合いの様相を呈して2-2ドローに終わったが、34歳のL・ドミンゲスは健在ぶりをアピールしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング