「スーパー日本人」香川真司を海外メディア特集 長友のガラタサライ移籍浮上で注目

ガタラサライが来季に向けた補強として、香川の獲得に興味【写真:Getty Images】
ガタラサライが来季に向けた補強として、香川の獲得に興味【写真:Getty Images】

来季に向けた補強として香川の獲得に興味「ガタラサライが接近」

 ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司に対して、日本代表DF長友佑都が所属するトルコ1部ガラタサライが獲得に興味を示すなど熱視線を送っている。トルコメディアも「スーパー日本人がガラタサライへ」と伝え、その動向を注視しているようだ。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 6月のロシア・ワールドカップ後、香川と長友が同じクラブで共闘することになるだろうか。今冬に長友を獲得したガラタサライは、新たな日本人の発掘に乗り出す構えで、長年日本代表をけん引してきた香川に白羽の矢を立てたようだ。

 トルコメディア「ASLAN ARENASI」は、「スーパー日本人がガラタサライヘ」との見出しを付けて特集。香川はドルトムントとの契約を2020年まで残しているなか、「シーズン終了時の移籍に向けてガラタサライが接近している」と報じている。

 香川の獲得に関しては、「中盤を強化したい」というのが理由の一つだという。ガラタサライは現在リーグ首位を走っており、来季のUEFAチャンピオンズリーグ参戦に向けた補強を視野に入れ、水面下で動き出している。その動きを後押ししているのが長友の存在だ。

 記事では「インテルから移籍してきた長友に加え、極東のファンからの関心にもガタラサライは満足している」と言及。短期間でチームに馴染み、安定したパフォーマンスを披露する長友のプレーにチームは手応えを得ており、さらに日本人ファンを含めた高い関心もクラブ側に好印象を与えたという。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

トレンド

ランキング