“脱バカ正直”が問われるハリルJ 長友佑都、攻撃面の課題指摘「怖さが全くない」

長友佑都、攻撃面の課題を指摘【写真:Getty Images】
長友佑都、攻撃面の課題を指摘【写真:Getty Images】

ウクライナ戦後に敗因を分析 「足もとでつなぎますっていうプレーでは…」

 日本代表は27日の国際親善試合ウクライナ戦で1-2と敗れた。6月のロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦するポーランドを想定した一戦で黒星を喫したなか、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)は「バカ正直に足もとでつなぎますっていうプレーでは、正直怖さが全くない」と指摘し、攻撃面での課題を挙げている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 “仮想セネガル”と位置づけた23日のマリ戦で1-1ドローに終わった日本は、続く27日のウクライナ戦で力負けし、3月のベルギー遠征を1分1敗で終えた。ウクライナ戦を振り返った長友は、「前半、ボールを保持している時間帯はあるけど、結局怖さがあるかっていうとそういう攻撃はできていない」と分析。さらにシュート数の少なさについても言及し、次のように語っている。

「まずゴールを狙うから、相手(の守備陣)が絞ったり、プレッシャーをかけに来たりする。だからこそ、(守備ブロックの)ギャップができて、スペースが空く。そういう駆け引きをしないと」

 ベルギー遠征2連戦における日本のシュート数を見ると、マリ戦は13本、ウクライナ戦は8本。力の相関関係を考えるとシュート数減は当然とも言えるが、長友はシュートに至るまでの過程と個々の意識に問題を見出している。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング