「堂々とやってほしい」 長友佑都が日本代表の二人を名指し、“自己中”リクエスト

長友佑都は二人の選手と直接話をしたと明かし「自分が中心なんだという気持ちでやってほしい」とリクエストしている【写真:Getty Images】
長友佑都は二人の選手と直接話をしたと明かし「自分が中心なんだという気持ちでやってほしい」とリクエストしている【写真:Getty Images】

厳しい現実を突きつけられた2連戦、中島&柴崎に檄「自分が中心という気持ちで…」

 日本代表は27日の国際親善試合ウクライナ戦で1-2と敗れ、23日のマリ戦(1-1)を含めてベルギー遠征を1分1敗で終えた。日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)は二人の選手と直接話をしたと明かし、「自分が中心なんだという気持ちでやってほしい」とリクエストしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は6月のロシア・ワールドカップ(W杯)を見据え、仮想セネガルとして23日のマリ戦、仮想ポーランドとして27日のウクライナ戦に臨んだが、結果は1分1敗と厳しい現実を突きつけられた。2試合にフル出場した長友は物足りなさを訴えた一方、「ああいう若い選手たちが堂々とプレーしなければいけない」と二人の選手を名指ししている。

 長友が「直接話をした」と口にしたのは、代表初招集となったFW中島翔哉(ポルティモネンセ)と半年ぶりの招集となったMF柴崎岳(ヘタフェ)だ。

 中島はマリ戦の後半15分から出場すると、アディショナルタイムに代表デビュー弾を叩き込み1-1ドローに貢献。続くウクライナ戦でも後半34分から出場し、切れ味鋭いドリブルでFKを獲得し、キッカーも務めてチャンスを生み出した。一方の柴崎は、マリ戦で出番が訪れなかったものの、ウクライナ戦ではトップ下で先発。前半5分にはボール奪取から好機を演出すると、同41分にはFKのキッカーを務めてDF槙野智章(浦和レッズ)のヘディング弾をアシストした。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング