小野、本田、堂安… 「日本人とオランダの黄金の組み合わせ」を現地紙が特集

(左から)  小野、堂安、本田、吉田【写真:Getty Images】
(左から) 小野、堂安、本田、吉田【写真:Getty Images】

堂安の活躍で日本人選手に脚光 小野は「エールディビジで最も優れたアジア人」

 オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律は、エールディビジ第28節のAZ戦で今季リーグ戦7得点目を記録し、10代の選手としてはウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)らと並ぶクラブ史上トップタイとなった。オランダ紙「ELF Voetbal」は、堂安の活躍を報じるとともに、「日本人とオランダの黄金の組み合わせ」とこれまでにエールディビジでプレーした日本人選手の特集を組んでいる。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

「ドウアンは寿司や相撲の発祥の地から来た初めてのエールティビジプレーヤーではない」

 記事ではこのように切り出し、多くの日本人選手がオランダで成功を手にしてきたと触れている。

 先陣を切って紹介されているのが、現在乗りに乗っている堂安だ。J1ガンバ大阪から期限付き移籍中の助っ人が、地元ファンから下位に低迷するチームの中でも“唯一の希望”として扱われていると言及。「彼のシュートに間違いはない」「非常に有用な存在」とプレー面も高く評価している。

 また、その他にはヘーレンフェーンのMF小林祐希、フィテッセとADOデン・ハーグで計51ゴールを挙げたFWハーフナー・マイク(現ヴィッセル神戸)、DF吉田麻也(現サウサンプトン)、FW宮市亮(現ザンクトパウリ)も登場。フェイエノールトで活躍したMF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)に至っては、「エールディビジで最も優れたアジア人」として、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝など数々の栄光を掴んだチームの主役だったと触れられている。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング