日本代表で“株を上げた人・下げた人”は? マリ戦出場全17選手「アピール度査定」

日本代表で“株を上げた人・下げた人”は?【写真:Getty Images】
日本代表で“株を上げた人・下げた人”は?【写真:Getty Images】

アピール度の観点からマリ戦出場選手を査定、好印象を残したのは2選手

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、23日の国際親善試合マリ戦で1-1のドローに終わった。日本代表に招集された26人中、17人がマリ戦に出場したが、「株を上げた選手・下げた選手」は誰だったのか。“アピール度”という観点から全17選手を査定する。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 FIFAランキング67位のマリに、同55位の日本は苦戦を強いられた。前半は何度か相手ゴールに迫ったものの決定打を欠くと、前半34分にはMF大島僚太(川崎フロンターレ)が負傷交代。同44分に30歳の誕生日を代表デビューで飾ったDF宇賀神友弥(浦和レッズ)がPKを献上して先制を許した。後半に入ると日本は次々と選手を投入したが攻め手を見い出せず、終了間際に代表デビューのFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が劇的な同点弾を叩き込んで、辛うじて1-1のドローに持ち込んだ。

 マリ戦に出場した日本の選手は26人招集中17人。アピール度を「〇」(大)、「△」(中)、「×」(小)の3段階で評価していく(プレー時間の長い順に列挙)。

■マリ戦アピール度「〇」
GK 中村航輔(フル出場:プレー時間90分)
FW 中島翔哉(途中出場:プレー時間30分/1ゴール)

 代表デビュー戦初ゴールでチームの敗戦を救った中島は、課題多き試合の数少ない収穫の一つだろう。中央に入り込んでミドルシュートを放ち、終盤には相手3人を置き去りにする鋭いドリブルを披露。その流れから同点ゴールも生まれている。DF長友佑都(インテル)との連係に課題は残るが、デビュー戦としては十分の出来だった。一方、代表3試合目の出場となったGK中村航輔(柏レイソル)も存在感を示している。PKで1失点こそしたが、前半9分には裏への抜け出しに反応し、倒れ込みながらの好守でピンチを凌いだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング