怪物ロナウドが告白、日韓W杯“大五郎カット”の意外な真相 「変な髪型だったけど…」

「あの髪型自体には誇りを持っていないよ」

「誰もが僕の髪型について話すことに一生懸命で、怪我について聞かれることはなかったんだ。僕はより一層落ち着き、リラックスして、そして自分のトレーニングに集中して臨むことができたんだ」

 1990年代後半以降、ロナウドのキャリアは度重なる負傷との戦いだった。日韓W杯の期間中にも怪我を負っていたことをほのめかしたことになる。しかし、あの髪型が怪我に対しての懸念を消したのだと本人は認めている。

「僕はあの髪型自体には誇りを持っていないよ、だってすごく変だからね。でも、テーマを変えるためにはいい方法だったと思う」

 奔放に見えて、したたかなメディア対応。数々のビッグクラブを渡り歩いたストライカー、ロナウドだからこそ得ていた経験値だったのだろう。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング