「それしか考えていなかった」 浦和Lの猶本、なでしこ開幕戦で注力したこととは?

ノジマステラとの開幕戦、ボランチでフル出場したMF猶本【写真:Football ZONE web】
ノジマステラとの開幕戦、ボランチでフル出場したMF猶本【写真:Football ZONE web】

ノジマステラ戦で2点目の起点となる活躍も「今日は最低限くらい」と厳しい自己評価

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)の2018シーズンが3月21日に開幕。1部浦和レッズレディースは本拠地でノジマステラ神奈川相模原を迎え撃ち、2-0と開幕戦白星スタートを切った。ボランチでフル出場したMF猶本光は、2点目の起点となるなど存在感を示したが、「むしろそれしか考えていなかった」と守備のスイッチ役としての役割に比重を置いていたことを明かした。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合前から雪が降った影響でピッチが滑りやすいなか、浦和Lは前半16分に相手ペナルティーエリア内でこぼれ球を拾ったMF吉良知夏のスライディングシュートで先制。徐々にボールを握ると、同20分にはポジションを上げた猶本がFW安藤梢にスルーパスを通し、シュートがポストにはね返ったところをキャプテンのMF柴田華絵が押し込んでリードを2点に広げた。

 この日ボランチでコンビを組んだ新加入のMF佐々木繭が守備的な仕事を引き受けることで、前半は猶本が積極的に高い位置を取って攻撃参加していた。二人の中で明確な決め事はしていないようで、現時点では「自分が前に行く形に自然になっている」という。

 しかし、佐々木は守備だけでなく、テクニックを生かした攻撃参加も得意とする選手。連携に関して猶本は、「まだまだできると思う。今日は最低限くらい」と厳しい自己評価を下し、「お互い上手くポジションをとってやれば、もう少し繭さんの良さを出せる。状況に応じて繭さんの方がゴールに近ければ上がっていくべきだと思います」と臨機応変に縦関係を築いていくイメージを語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング